ブログ|金沢市寺町の歯科・歯医者|川原けんこう歯科

診療時間
9:00~12:00 / / /
14:30~17:00 / / /

★:土曜午後は14:30~16:30
休診日:水曜・日曜・祝日

〒921-8033
石川県金沢市寺町1-6-38

tel. 076-241-2250
  • 地図
  • メニュー
  • アーカイブ

  • カテゴリー

顎関節症について

歯科衛生士の平戸です。
今回は「顎関節症」についてお話させて頂きます。

 

「顎が痛い」 「口が開かない」 「口を開けるときにカクッと音がなる」

 

これらは顎関節症に見られる症状です。
顎関節症は、顎関節への負担がその人のもつ「顎関節や筋肉の耐久性」を超えると起こります。
原因は様々ですが、日常生活での無意識の習慣が顎関節に負担になっていることが多いです。

 

◇TCH(歯列接触癖)
本来は食事や飲み込む時以外は、上下の歯は接触しないのが普通です。
咬みしめや喰いしばっていなくても、無意識のうちに上下の歯を接触することが癖になっている方がいます。
これを「TCH」といい、筋肉や顎に負担となります。

 

「唇を閉じて、上下の歯は離し、顔の筋肉の力を抜く」ことを意識してみて下さい。

 

◇かみしめ、喰いしばり
何かに熱中、集中している時にグッとかみしめや、喰いしばっていることがあります。
これは顎の筋肉と関節に大きな負担をかけます。
運転中、パソコン操作中、料理中、TCHと同じように意識してみて下さい。
また、「かみしめ、喰いしばりに注意!」と書いた付箋をパソコンの画面など身の回りに貼ってみるのもいいですね!

 

◇歯ぎしり
睡眠時、歯ぎしりをしていることがあります。これは顎だけでなく、歯にも負担がかかります。
日中のストレスや、睡眠直前のアルコール摂取が原因のこともあります。
歯ぎしりを完全になくすことは不可能ですが、マウスピースを装着することで顎や歯への負担を軽減することが出来ます。
当院でもマウスピースを作ることが出来ます。

 

◇姿勢
寝る時いつも決まって、右側で寝ることはありませんか?実はこれも顎に負担がかかっています。本来は仰向けで寝るのが理想です。
また、うつ伏せ寝、頬杖を付く(学生に多い)のも負担となります。

 

他にも、ストレスや硬いものを左右どちらか一方ばかりで咬む癖があるなど
原因は様々です。

 

痛みを和らげて口を開きやすくするマッサージや開口ストレッチもあります。

 

顎関節症の症状がある方、また少しでも思いあたる事がございましたら、どうぞお気軽にご相談下さい(^^♪

 
トップへ戻る

当院は『石川男女共同参画推進宣言企業』(女性活躍加速化クラス)に認定されています。
男女が共に働きやすい職場環境づくりに取り組んでいる企業として、石川県から認定を受けております。